今いちど、音楽の聴き方を考える。Tivoli Audio。

みなさんこんにちは。

メーカーサイトの取扱店に掲載されたからでしょうか、COPYLEFTにチボリオーディオを見に来てくださる方、お買上げくださる方が少しづつ増えてきました。また、店舗やオフィス等への導入のご相談も頂いております。ありがとうございます。

 最近、自宅の音楽設備をどうしようかと考えたのですが、私自身、いまスーパースペックなシステムに興味も無く、かといって、せっかく好きな音楽や店内に流れる音楽をチープなシステムで流すわけにもいかず、ちょうど良いものがないか色々考えていました。

そこで思い出したのが、昔、ある人に聴かせて頂いたTivoli Audioでした。
ちょうどいつもは静かな室内で音楽が鳴っていて、「これはどこから音楽が流れているんですか?」と質問した際、その方が見せてくださったのは、小さな箱のようなラジオでした。
「良い音=大掛かりな音響システム」という固定概念を持っていた僕からすると、こんなに小さなラジオからこんなに素晴らしい音が出るなんてと驚いた記憶があります。







それから数年を経て、このTivoli AudioにBluetooth機能が搭載された Model One BT が発売になっていることを知り、音楽はここから流そうと思いました。



いつも、MacかiPhoneから音楽を流しており、iTunesから、時にはSound Cloudなどのストリーミングサイトから、あるときはお気に入りのアーティストの動画インタビューをYoutubeから流したりと、ワイヤレスで自由に使用しています。

"中音域に厚みを持たせた音質は、人の声を美しく自然に再現。
バスレフ方式を採用しているため、低音部が豊かに響きます。"

というのはメーカーの説明ですが、これは全くその通りと実感しています。
様々なジャンルの音楽に対応してくれています。

また、昨今のBluetoothスピーカーは、近未来的なデザインなものが主流となっていますが、Tivoli AudioはBluetooth機能を搭載してもデザインは変わらずそのままです。
クラシックウォールナットの木製キャビネットで包まれた、生活空間に美しく馴染む、普遍的なデザインというのも非常に魅力的な部分です。

先日、このBluetoothモデルをお買上げくださったお客様は、実際に店内でご自分のiPhoneから曲を流してご検討されていました。

COPYLEFTでは、Bluetooth機能が付いた端末をお持ちのお客様には試しに繋いで頂くことをお勧めしています。ぜひ、いつものお好きな音楽をスマートフォンに入れてお持ちください。

きっと今、多くの人に求められているのは、大掛かりな「超高音質」ではなく、ちゃんとスマートで、コンパクトで、大切な人と一緒に音楽を愉しんだり、自分だけの少し落ち着いた時間をつくってみたり、という「聴き方」ではないでしょうか。

※COPYLEFTはTivoli Audioの正規取扱店となりますので保障対応等、当店を通じてメーカーにご相談頂くことも可能です。
Tivoli Audioは並行輸入品の場合、国内で修理が不可能です。ご注意ください。

COPYLEFT
Facebook
Instagram
Twitter