INDIVIDUALIZED SHIRTS | Regatta Oxford




ずっと読み返していきたい一冊と、ずっと着続けていきたい一着。

INDIVIDUALIZED SHIRTSより新作のRegatta Oxford (Standard Fit JPN 23000+tax)が届きました。
こちらはcustom-made by COPYLEFT よりも、やや厚手、粗目のオックスになります。

通常、高級シャツには貝のボタンが用いられますが、INDIVIDUALIZED SHIRTSのボタンはレジンという樹脂製です。

理由は10年着られることを想定しているから。

何度も繰り返し家庭の洗濯機で洗って、着ていくのに、ただ見栄えに重きをおいた素材では劣化に負けてしまう。
メーカーはこの壊れないボタンの開発に長い年月をかけたといわれています。

無地だからこそ、選んだ一枚を。

様々なシーンで、自由な着方で、長く着て頂けると嬉しいです。

そして、今日はもうひとつ。

シャツと一緒に写っているのは、最近入荷してきた『断片的なものの社会学 岸 政彦(著)』。
何事もない、普通の日常の中にある、「何故か」残る印象の断片。
カバーや本文中に挿し込まれている、写真家・西本明生氏の写真も素晴らしく、今年お勧めの一冊です。